リフォームの段取りを考える

長期優良住宅であろうとメンテナンスは必要です。見積もり内容やソーラー発電リフォームプランに問題のない状態まで打ち合わせが済んだら
、いよいよ正式な契約をすることになります。この時に必要となる書類は、
「契約書」「契約約款」「設計図書」「見積もり明細書」の4点です。

業者から契約書に書かれている約款について不明なところがないようにしっかりと説明してもらい、分からない部分はどんなに些細なことでも疑問解消しておきましょう。そのうえで、さらに契約書をいったん自宅に持ち帰り、もう一度じっくりと目を通します。

説明を受けているときは気がつかなくても、ゆっくり見直してみると気になる部分が出てくる可能性もありますので、そのような新たな疑問点が出てきたらメモを取っておき、正式契約の前に確認しておきます。また契約の際には1人で行かず、できるだけ家族や知人などにも立ち会ってもらい、数人の目で問題がないか確認することが大切です。

正式な契約の際には、契約金が必要になる場合も。その場合は事前に業者ぁらの案内があるはずですので、その準備も忘れないようにしましょう。

Leave a Reply