家を大切に守る屋根材の種類

PR| 豊富な壁紙の取り揃え|

屋根のリフォームを行う際には、その素材選びから始まります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の家にはどのタイプがもっとも適当であるかをよく考え、そのうえで決めるといいでしょう。

大きく分けると、屋根材には「粘土焼成品系」「金属板系」「石板系」「セメント系」「化学製品系」「植物系」があります。

粘土焼成系:主として粘土瓦として用いられ、和瓦と洋瓦があります。瓦は耐火性、遮音性、耐侯性、断熱性に優れており、種類や色も豊富です。

金属系:亜鉛メッキ鉄板、カラー鉄板、銅板、アルミ板、ステンレス板、ガルバニウム板などがあります。重量が軽く、不燃性や加工性、耐熱性に優れているのがメリットですが、遮音性や断熱性、結露の問題などには多少の何があるのがデメリット。

石板系:瓦と同様に耐火性、遮音性、耐侯性、断熱性に優れているのですが、吸水性があるのが難点。

石綿セメント系:セメント瓦葺き、厚形スレート葺き、石綿スレート葦きなどがあります。重量は瓦の1/3ほどで施工性もよく、色の種類も豊富なのが特徴です。

Leave a Reply